『Gettii/ゲッティ』ASP票券管理システム Gettiiトップページへ

『Gettii/ゲッティ』ASP票券管理システム

Gettii/ゲッティを導入し、ご利用いただいているお客様の生の声をお届けします。
1996年3月、山口市における文化の振興を図るため企画事業を実施するとともに、市民の自主的かつ創造的な文化活動を支援し、個性豊かな地域社会の形成と市民生活の向上に寄与することを目的として設立された財団法人山口市文化振興財団。今回は事業企画ご担当の土居氏にお話を伺いました。

Gettii導入のきっかけ、背景について

他社の票券システムに比べて、
はるかに利用価値が高かった

 導入したのは確か3年前の2007年だったと思います。それまで利用していたチケットシステムが、導入してからまる4年がたち、ちょうど5年目という節目にかかったので、一度コストのことや利便性を考え直そうということになりました。
 どんどんネットワークが発達し、ネットショッピングが日常的になっている状況の中で、オンラインでのチケット予約ができるシステムへの移行も重要な課題のひとつでした。
 そんな中、オンラインでの予約やカード決済にも対応し、また遠方の人にはセブン-イレブンでチケットの支払いや会費の支払いが可能なGettii/ゲッティは、他社の票券システムに比べてはるかに利用価値が高かったために、2007年の春から導入することになりました。

導入の決め手は何でしたか

会員データ管理・運営への対応

 私たちの財団には友の会の会員制度があるのですが、新しく導入するシステムは単なる票券システムではなく、同時に友の会の会員情報の管理や会費の支払いについても対応ができ、かつ会員様への発送物が定期的にあるためにラベル印刷ができるものであることを望んでいました。ですが当時は、オンライン予約が可能な票券システムはあっても、会員制度に対して柔軟に対応しているところは少なく、数社しかありませんでした。
 そのなかで各会社の機能を比較し検証した結果、リンクステーションさんが開発されたGettii/ゲッティは、こちらが望む機能を兼ね備えており、かつ全国どこにでもあるセブン-イレブンでチケット代金や会費の支払いができるという点がとても魅力的だったので、導入を決めました。

導入のメリットや効果について

お客様の負担が軽減

 ここ山口は、地方都市ではありますが、東京や大阪など県外からもチケットを買われて来られるお客様もいらっしゃいます。また県内でも遠方の方はチケットカウンターまで予約したチケットをすぐに取りに来ることができません。そういうお客様には、いままでは配送料を含んだチケット代金を郵便局の振込用紙でお支払いいただき、それをこちらが確認してからチケットを発送していたのですが、いまはセブン-イレブンでお支払いいただけるのでそちらをお勧めしています。
 以前に比べればお客様の負担が軽減されましたし、これまではチケットオフィスの営業時間内でしかお客様からの予約を受けることができなかったのがオンラインで24時間いつでも予約ができるようになりました。欲しいチケットが手軽にすぐ手に入るので、とても便利になったと非常に好評いただいています。
 導入当初は新しいシステムの操作に慣れるまでに多くのとまどいがあり、しかも時間があまりない中での導入開始だったので、正直言えばとても不安でした。ですが、リンクステーションの方には分からないことはどんどんおたずねして、一つずつクリアしていきながら何とかGettii/ゲッティ導入後初めてのチケット発売日を迎えました。その日はリンクステーションの方もサポートに来てくださいましたし、それまでにもこちらの質問に対してどんな細かい点でもとても丁寧に親切に応えていただき、とても心強かったことを覚えています。
 今後も営業担当の方が定期的に来てくださるということで、お互いの顔が見える関係性を築いてくださっていることは嬉しいです。ただ与えられたソフトを使いこなすだけではなく、利用者の要望を吸い上げてバージョンアップを繰り返しながら一緒に成長していけるシステムということで、これからもすごく期待しています。

今後の課題など

チケットの販売だけではなく
催し物のPRツールとしての機能。
画期的な票券システムへの期待。

 近年、海外のお客様のご来場も少しずつ増えてきています。もちろんまずは自分のところのHPのバイリンガル化から対応していかないといけないとは思っていますが、海外からでもアクセスして来られるお客様にとってもGettii/ゲッティが利用しやすい環境になるといいなと思います。いますぐということにはならないとは思いますが、海外からでもGettii/ゲッティでチケット予約ができるようになる日がいつか来るといいなと夢見ています…。
 あとは全国どこの文化施設も同じ問題を抱えていると思いますが、少ない予算の中で、効率よくしかも効果的にチケットを販売していくにはどうすればいいか。
 チケットの販売だけではなく催し物のPRツールとしての機能も担った画期的な票券システムへとバージョンアップすることをひそかに期待しています。
 Gettii/ゲッティを利用しているホール同士が集まり、意見交換会などができればさらに良い利用方法も発見していける気がします。

組織概要

財団法人山口市文化振興財団
所在地:山口県山口市中園町7-7(山口情報芸術センター1F)
設立:1996年
管理施設:山口情報芸術センター(YCAM)、山口市民会館、中原中也記念館
公式サイト:http://www.ycfcp.or.jp/

ページのトップへ