『Gettii/ゲッティ』ASP票券管理システム Gettiiトップページへ

『Gettii/ゲッティ』ASP票券管理システム

Gettii/ゲッティを導入し、ご利用いただいているお客様の生の声をお届けします。三田市総合文化センター(郷の音ホール)は、兵庫県三田市の文化拠点として2007年7月にオープンされました。三田市民だれもが文化に親しみ、魅力ある三田の文化を創造するため、ホール基本理念の「集い・生まれ・育つ」それぞれのプロセスを支える事業に取り組まれています。今回はコーディネーターの宮田氏にお話を伺いました。

Gettii導入のきっかけ、背景について

業務の効率化を想定

県外からのお客様が多い公演については特にWEBによる購入を希望する声が高まっていました。郷の音ホールでは、窓口、地域のお店、大手プレイガイドでのチケット販売をこれまで続けていましたが、WEB販売に関しては、大手プレイガイドに限られていました。リンクステーションさんの他施設(世田谷パブリックシアター様や山口情報芸術センター様など)の導入状況を見て多様な公演や座席形態に対応できるシステムであることが分かりました。事前に申請をすれば可動式の会場(座席)を個別に作成してもらえることや会員管理において他社サービスを上回っており、Gettii/ゲッティを導入することで自社販売の収益UPとサービス向上を図りたいと考えました。また自社販売をするにあたり業務の効率化を想定しました。

導入の決め手は何でしたか

ランニングコストも十分採算がとれると判断

ASPシステムなので、イニシャルコストが抑えられることやバージョンアップなどによる利便性向上やシステムの高度化が期待できました。券売にかかる手数料が他社サービスに比べて安く、ランニングコストも十分採算がとれると判断しました。コンビニ決済やカード決済をして頂けることなどお客様の利便性も挙げられます。また、操作性が高く、今後窓口における販売業務の低減、顧客管理やメール発信機能および票券管理機能の向上が見込めました。準備からスタートまでのスケジュールが短いということも魅力のひとつでした。

導入のメリットや効果について

自社のホームページから座席を選んで
チケットをご購入頂けることは安心のひとつ

人気公演など県外からご来場のお客様にとって自社のホームページから座席を選んでチケットをご購入頂けることは安心のひとつです。公演のアンケート記述内容からも満足度の高い声を頂き、オンラインチケット(Gettii/ゲッティによるチケット販売)に手ごたえを感じています。窓口でチケット引き取りが難しいお客様の販売をオンラインチケットで解消していますが、セブンイレブンでの発券手数料などをお客様のご負担としている為、郷の音ホールではオンライン割引を設定しています。チケット代金を定価の5%offで販売し、ご好評いただいています。

今後の課題など

チケット販売に勢いをつける

現在、友の会や窓口のチケット販売については既存のシステムをメインで使用しており、Gettii/ゲッティは自社HPからの販売用、ひとつのプレイガイドとして位置づけています。現在、各プレイガイド、窓口、オンラインチケットの配券数のバランス、座席位置などが固定化されているのでチケットを売り切るために公演によって変化を与えて販売に勢いをつけることが今後の課題です。またGettii/ゲッティにある様々な機能のうち、決まった一部分のみを使用して運営している状況なのでペア券の設定や会員データの活用など色々な機能を熟知して活用し、販売方法の幅を広げていきたいです。既存のシステムからの窓口販売がある中なので、Gettii/ゲッティの導入がイコール業務の効率化とはなっていないですが「機能の活用」「チケット販売数UP」「収益UP」「業務の効率化」を目指して運用を見直す機会ではあると思います。

組織概要

三田市総合文化センター
指定管理者ジェイコム・グループ
(株式会社JTBコミュニケーションズ)

所在地:兵庫県三田市天神1-3-1
開館:2007年
席数:大ホール(1000席)小ホール(369席)
多目的に使用できる高機能の大・小ホールをはじめ、展示室や会議室などの諸室も備える。
公式サイト:http://sanda-bunka.jp/

ページのトップへ