『Gettii/ゲッティ』ASP票券管理システム Gettiiトップページへ

『Gettii/ゲッティ』ASP票券管理システム

Gettiiを導入し、ご利用いただいているお客様の生の声をお届けします。
「音楽のまち・かわさき」で知られる神奈川県川崎市。新百合ヶ丘駅の程近くに昭和音楽大学があります。建学の精神「礼・節・技の人間教育」を根幹に、緑豊かなこの町の中で多くの学生さんが学ばれています。中でも、「アートマネジメントコース」という実践重視の学科では“アーティストと観客とが共有する夢と感動を作り出すことのできるプロデューサー”を育成するべく、興行運営の一部である票券管理も行われているそうです。 今回は、コンサート運営に携わられるスタッフの皆様にお集まりいただき、お話を伺いました。

Gettii導入のきっかけ、背景について

複数の拠点をオンラインで繋ぎ、利便性をUPしたい

数年前よりチケットセンター構想を持っていました。本学では校舎が駅の南口と北口の2箇所に分かれています。チケットの販売窓口が複数個所ある上に原券管理をしておりましたので、お客様がご希望のお席が『北校舎にはないのですが、南校舎にはあります・・・』という状況になっていました。チケットの在庫は一元管理が望ましく、またインターネットからも販売してお客様への窓口を広げたいと願っていました。お客様にとって便利であり、職員の業務も軽減される方法は何か。
そんな中、川崎市で今年で5年目となる「川崎・しんゆり芸術祭」でGettiiを導入されていることを知り、問合せをしてみました。Gettiiは興行の規模を問わないため本学に適したシステムであると紹介を受け、念のため他のシステムとも比較検討を行い、出た結論がGettiiの導入でした。
他の票券システムは、専用のハード機が必要であったり大口興行メインの内容であったりしたため、Gettiiが理想的なものと判断しました。

導入の決め手は何でしたか

外部委託にはないメリット 顧客管理と経費削減

一番はランニングコストの安さです。また、導入を決めるまでの間、親身に相談にのってくれるスタッフさんにも安心しました。学校法人という大きな組織の中で、契約に至るまで何かと資料が必要となるのですが、その部分へのフォローが心強かったです。 Gettiiという票券管理システムの規模感とコスト、導入後のサポートも充実しているため、決めました。
チケットセンター構想の実現に向けて、必要経費が予算内であり、窓口とインターネット販売の在庫を共有できることで、学内スタッフがお客様に対して感じる「心苦しさ」から開放されることはとても嬉しいことです。
当学園には<ゆりフレンズ>という友の会があります。会員様の管理も一緒にできることも決め手のひとつでした。

導入のメリットや効果について

日々の業務を見直してみるきっかけに

Gettiiの導入をひとつのきっかけとし、コンサートを運営する私達スタッフの中で、意識の改変が行われたように感じています。今までずーっと“こうしてきました”を倣い、そのままで来ていた日々の業務を見直すきっかけになりました。なんだか面白い副産物です。 「これは無くても大丈夫では?」から「こうなったらとても便利になるのかも!」という発想に変わってきています。
それから、チケットセンター構想と同じくらい重要なポイントとして、Gettiiを学生の教育制度の一部としても考えております。本学には<アートマネジメントコース>があり、音楽制作、自主企画を学生が立ち上げ運営しています。3年生になると、企画・制作からチケットの販売まで全て実施します。学生主催のものは、学生自身に公演登録を行ってもらい、「チケットを売るためにはどのようなことをするのか?」を実体験してもらいました。学生の吸収力はすばらしく、とてもスムーズにGettiiに馴染み、オンラインシステムというものに対する柔軟さに驚いてばかり。時代なのだと(笑)。以前では、原券を作る、印刷する、手売りするという苦労があり、これを実体験してきました。これももちろん大事なことです。でもこれからは、時代に合ったツールとして、教育環境が整えられたことを嬉しく感じています。

今後の課題など

お客様にとって必要な環境を考えていくこと

早速、学生よりリクエストが挙がりました。インターネットで、セット券を販売したい。複数公演を1回の予約で申込してもらいたい。購入側の目線で素直なリクエストであり、私ども学内スタッフも同じように思います。この機能に関しては、リリースされる目処がたっていると聞いているので、その時を楽しみに待つことにします。ASPサービスのいい点は、必要とされる機能が、追加料金なしでバージョンアップされていくことです。これからも学生からの生の声、スタッフの声、さらにお客様の声をGettiiに反映いただけるような意見交換をリンクステーションのみなさんとしていけたらいいなと思います。
導入時期を振り返り、学内スタッフの年齢層が幅広いため、“システム”や“オンライン”という新しいものへの「慣れ」に対して、時間がかかることも正直ありました。「難しくて・・・」と遠慮されたり。でも、学内スタッフ間で『Gettiiのミニ研修会』を重ねたりしていくことで、現在ではたくさんのスタッフが触れるようになってきています。
チケットレスの時代とはいえ、コンサートに足を運んでくださるお客様の中には、チケットをひとつの記念品として大切にしてくださる方もいらっしゃいます。本学では、オリジナルデザインのチケット用紙を作成しました。様々な音楽とともに、お手元に届くチケットもお客様によろこんでいただけることを目指しています。

組織概要

学校法人東成学園 昭和音楽大学
所在地
南校舎:神奈川県川崎市麻生区上麻生1-11-1
北校舎:神奈川県川崎市麻生区万福寺1-16-6
創立者:下八川圭祐
下八川圭祐声楽研究所創立(昭和音楽大学の前身):1930年4月
ホール施設:
テアトロ・ジーリオ・ショウワ(1,367席)
ユリホール(359席)
公式サイト:http://www.tosei-showa-music.ac.jp/

ページのトップへ